海外移住 年金

海外移住の際に厄介な事と言えば各種手続きですが、国民年金についての質問は多く頂きます。

・日本の国民年金か?
・移住先の国民年金に切り替えるか?
・それとも両方?

これは海外移住を計画されている皆さんが持つ疑問でしょう。

私共がお勧めするのは、移住先の国民年金制度などをよく調べて決定することです。

国によっては年金受給率や受給条件が異なり、また日本との社会保障協定条約締結の有無で、年金受給状況はかなり変わってきます。海外移住後にこの問題に直面し、日本や移住先を行き来し慌てることのないよう、事前調査をしっかり行いましょう。

話は一旦逸れますが、国民健康保険に関しては、海外移住の際に住民票を抜いた時点で資格を失います。海外保険、もしくは移住先の健康保険制度に加入しましょう。

しかし国民年金については、海外移住の際に住民票を抜いたとしても、任意で加入し続け、日本に残した銀行口座から引き落としをされるようにして、満額を納めるようにすることも可能です。

移住先の年金制度を調べて、そちらの年金に不安を感じるようであれば、日本の国民年金に任意で加入していくことをお勧め致します。

まずは日本年金機構にご相談され、疑問・不安のない海外移住にしましょう。