ニュージーランド 移住 ビザ

人気の海外移住先として必ずTOP10に入るニュージーランド。

ニュージランドでは、どのようなビザ取得で移住が可能であるのか、下記にまとめました。

【ビザなし】
日本国籍保有者は、3ヶ月以内の観光目的とした滞在はビザの申請は必要ありません。
(ちなみに、学生ビザを発行しなくても、3ヶ月間の就学は認められています。)
また、最大延長で9ヶ月滞在できるので(あくまでも観光目的の滞在のみ)、他国とニュージーランドで移住先を迷われている方は、一度ビザなしでニュージーランドでの生活を体験されてみるのもいいと思います。

【一時滞在退職者カテゴリー(ビザ)】
こちらは、退職者のための、一時滞在用ビザです。
2年間の滞在が可能で、条件を満たしていれば更新もできます。

ビザ取得条件は以下の通りです。

・年齢66歳以上である
・健康であり、過去に犯罪履歴ないこと
・滞在資金として500,000NZD(約3200万円)を保有し、年間所得(年金などの不労所得)が60,000NZD(約380万円)以上ある
・ニュージーランド移住後、国内にて750,000NZD(約4800万円)の投資を2年間行うこと
・滞在中カバーできる医療保険に加入すること
(*投資は、移住後3ヶ月以内に実施しなければならなく、ビザ申請者の私有財産(居住のための不動産や車、ボートなど)は投資の対象として認められていない。投資例として、NZ債券やNZ企業への株式投資(非上場・上場問わず))

自然が豊かで穏やかな気候のニュージーランドへの移住に憧れる方は多のではないでしょうか。