ハワイ ロングステイ

穏やかな気候、涼しい風、綺麗な景色とのんびりとした時間の流れるハワイは、日本人には定番の海外旅行先であり、そしてロングステイ先としてもとても人気です。

旅行でハワイに訪れるたびに好きになり、ついにはロングステイを…とお考えの方も多いようです。

そこで今回、ロングステイ先としてお勧めのハワイの魅力についてお話します。

①過ごしやすい気候
ロングステイを決意する方の中には、「日本のじめじめした夏が肌に合わないので…」などという方もいらっしゃいます。
ハワイには日本のようにはっきりとした四季はなく、雨季(11月から4月)と乾季(5月から10月)に分かれ、涼しい風がふく過ごしやすく穏やかな気候です。

②親日的
ロングステイをお考えの方が懸念されることの1つとして、親日・反日的な国民性であるかどうかです。
皆さんご存知のように、ハワイは日本では「太平洋の熱海」と言われているように、日本人にとって人気の観光スポットであり、一度行かれた方はその人気の理由がよくわかると思います。
人種差別もなく、親日的な面は、ハワイの魅力の一つです。

③高い医療水準
ハワイの医療水準は高いと言えます。
ロングステイ中の万が一の怪我や病気も、ハワイの医療機関で安心して治療することができます。
ただ、ハワイ(アメリカ)は健康保険なるものがなく、保険の加入は各個人でしなければなりません。
ハワイでのロングステイをお考えの方は、日本の保険会社に加入して行かれることをお勧めいたします。

ロングステイ先としてのハワイのその他の魅力は、
「治安が良い」
「日本から近い」
「交通機関が発達している」
などがあります。
よく、「日本語が通じやすい」と言われますが、それは場所によって異なることもありますし、現地の方は客引きのために「コンニチハ!」くらいは言えますが、その後は続きませんので、あまり日本語が通じる!と安心しすぎないようにしてください。