ハワイ 仕事 移住

ハワイへ移住をしたいけれども、比較的物価の高いハワイで収入のない生活はできない…

ハワイで仕事をしながら移住生活をしたい!という方は多いと思います。

この時に皆さんが直面する最大の問題は、合法的に仕事をするために必要な「就労ビザ」の取得です。

ハワイ(アメリカ)で取得可能な一般的なビザの種類は、HビザとLビザです。

Hビザとは、「専門職業ビザ」で看護婦やファッションモデル、専門職業者、特殊技能者が取得可能なビザです。こちらのビザ取得の条件で重要なのは、それぞれの専門職で必要とされる分野の学士号を有するか、その分野での実務経験があるかどうかです。

Lビザは、アメリカ及び日本に、本社・支社、または関連会社があり、社内での転勤者に発行されるビザです。

上記2つのビザは、勤務先(スポンサー)がいなくてはいけません。
スポンサーが手間暇をかけて書類作成、さらには手数料もかかりますし、申請において弁護士に相談するケースもあり、企業にとっても簡単なことではありません。

また別のパターンで仕事をしながらハワイへの移住の夢を叶えるための就労ビザとして、Eビザ「投資駐在員ビザ」があります。
こちらのビザ取得の主な条件としては、USD$15万程度の事業への投資が必要ですが、2年〜5年のビザが取得可能で、更新もできます。

また、ハワイで仕事をする(就労ビザ取得)方法として現地企業の買収があります。

ケースとしては、現地レストランを買収するなどして、既に飲食店経営に必要なライセンスなどの取得がされているため、初期準備等の手間がだいぶ省かれといったものがあります。
ただ、買収に関してはプラスもマイナス面も全て引き継ぐことになるので、事前の調査はしっかりしましょう。

ハワイへの移住を憧れる方は多いですが、ハワイのマーケットは小規模ですので、仕事もしながら移住を…とお考えの方は事前の調査やしっかりとした目標設定が必要です。

具体的なお仕事内容、移住計画を設定された上で、当サイトのサポート会社へのお問い合わせをして頂き、失敗のない海外移住をされてください。