インドネシア 移住 仕事

海外移住先をインドネシアでご検討の方に、インドネシアのお仕事事情をお伝えします。

世界的に有名な観光地バリを始め、発展著しい首都ジャカルタやスラバヤを中心に、海外からの移住者が増えています。
また、人口2億4千万を抱える内需によって支えられている成長著しいインドネシアは、移住先としてだけでなく、世界の投資家からの熱い視線が注がれています。

そんなインドネシアに移住、そしてお仕事を…とお考えの方のお役に立てるであろう情報を以下にまとめます。

まずは、どんな仕事(職種)が現地日系企業での求人が多いのかというと…

男性:生産管理、品質管理、営業(メーカー系、サービス系)、エンジニア、購買、経理、駐在事務所管理
女性:秘書(通訳・翻訳、総務兼務も多い)、カスタマーサービス(旅行代理店・レストラン・ホテル等)、営業、営業補助、経理

という結果です。

また一般的に求められる条件として、やはり日系企業とは言えやはり仕事上、重要となる英語、もしくはインドネシア語のスキルです。

また基本的なパソコンスキル(WordやExcelなど)も同様に必要条件として提示する企業が多いとのことです。

しかし、学歴については日本ほど重要視されることはないそうです。

就労ビザについてですが、アメリカ同様、就職先の企業がビザの発行手続き、または手続き上の費用の負担をします。

また外国人への就労ビザ発給に関しては、インドネシア人への技術転移を目的としている。
これは外国人への就労ビザ発行によりインドネシア人の仕事が減ることを回避し、さらには外国からの水準の高い技術を国内へ持ち込み、自国民のスキルアップへと繋げるという、インドネシア政府の意図があることがわかります。

就労ビザの有効期限は1年間で、延長更新もできます。

インドネシアへの移住方法として、短期滞在を目的とした「到着ビザ」での滞在スタイル、「リタイアメントビザ」を使った移住スタイル(上記2つのビザについては「インドネシア 移住 条件」を御覧ください)、そして上記で説明しました、仕事を見つけての働きながらの移住スタイルが一般的と言えます。