老後 海外移住

定年後、老後の生活をどうするか考えた時、「老後は海外移住で新しい人生を…」という方がいらっしゃると思います。

老後の海外移住においては、居住、食事、治安、医療への配慮は若年で海外移住するよりも十分に行う必要があるので、まずは海外移住先候補として考えていらっしゃる国へ観光ビザなどで「暮らしを意識した」旅行をするのをお勧めいたします。

居住と食事に関しては、老後に住みやすい場所で、そして好みの食文化のある国がいいでしょう。
そして老後に治安の悪い地域に海外移住者として住むのはとても危険で、安心した暮らしができません。東南アジアなどではスリなどの被害も多いということですので、移住先の治安情報は必ずチェックしましょう。
また、移住先の医療水準も老後の海外移住においては重要になります。日本語対応可能の病院があるか、先進国並の医療技術が整ったクリニックがあるか、事前に調べましょう。

また、老後を海外で過ごす方法として、リタイアメントビザなどの年金受給者を対象とした優遇移住制度を利用する方法があります。こちらの制度は海外移住先として人気のオーストラリアをはじめとし、世界40ヶ国で発行されているビザです。