海外移住 香港

海外移住先として日本人に人気の香港は、国土約1100平方kmと、東京23区の半分程度の広さですが、オフィスやデパート、レストランや公園などの都市機能が凝縮されています。

このことが海外移住先としての人気の理由の一つですが、その他の理由についても下記にまとめます。

日本からは成田、羽田空港からの直行便が就航しているほか、関西国際空港やその他主要の空港からも直行便が就航しています。
フライト時間は約4時間30分、またチケット代も安い時期では2万5千円前後で入手ができます。
日本との時差は香港がマイナス1時間なので、日本が朝の8時に香港は7同日の朝の7時となります。
このような日本からのアクセスしやすさ、また時差が1時間のみという点も、香港へ海外移住をされる方にとっては一つの利点となります。

香港の日本人コミュニティーも存在するため、ジャスコなどの日系スーパーや日本食レストランもあり、食には困りません。
そして海外移住先を検討する際に気になるのが現地の医療水準ですが、香港の医療機関の衛星環境、技術レベルはとても高く、日本語の通じるクリニックや病院もあるので、その点でも安心して海外移住生活を送ることができます。

言語に関して、香港の公用語は中国語ですが、広東語も広く使われ、またビジネスにおいては英語も使われています。そのため、ローカルエリアに行かない限り、英語を使って生活することは可能です。

また税制面での利点として、日本で言う住民税や消費税に当たる税金がないのも、香港への海外移住の利点と言えます。
所得税も最高で17%、さらに相続税、贈与税もないので、資産家や高収入の人にとってはとても魅力的といえます。