ミャンマー ビザ 代行

民主化が進み、投資ブームとなっているミャンマーですが、訪れた人達を魅了する人々の人情と、豊かな自然、そしてヤンゴン、バガン、マンダレーと多くの観光地が移住先としても注目を浴びています。

ミャンマー滞在のビザにはどのような種類があるのか以下にまとめます。ビザの申請代行業者が日本、そして現地に存在しますので、申請が不安な方などは代行業者に頼むのもいいかと思います。

外国国籍者は、ミャンマー入国の際には必ずビザを要求されます。

観光ビザが一般的な滞在用のビザですが、こちらの滞在許可期間はミャンマー入国後28日間のみです。ミャンマーでの長期滞在をお考えの方は、その後タイやインドの周辺諸国へ出国し、再度入国する必要があります。

タイ、インドの国境でビザ代行サービスをする代行業者もいます。慣れない土地でのビザの更新や最申請は手間がかかりますので、現地の代行業者をお調べの上、渡航されることをお勧めいたします。

観光ビザ申請に必要な書類は以下の通りです。

・カラー証明写真1枚(35mm x 45mm、6ヶ月以内撮影)
・パスポート(有効期限6ヶ月位上、ビザ捺印用ページが残っているもの)
・申請代金振込み領収書(3,000円/人)
・観光ビザ申請用紙(写真付き)
・証明書類、以下のいずれか1つ 
(*証明書類に関して該当するものが無い方は、ビザ代行業者へ相談の上、適切な書類をご用意ください)
・社員証(写真付のもの)
・源泉徴収書・在学証明書(学生対象)
・非課税証明書(主婦、無職者対象)
・会社履歴事項全部証明書(経営者対象)
・年金受給通知書(年金受給者対象)
・ミャンマー滞在中のスケジュール表(出入国フライト、訪問地、滞在ホテル等)
・返送用封筒(切手貼付、住所氏名明記)の上、書留、簡易書留 又は「ゆうパック」の返信用封筒を同封してください。(切手貼付、住所氏名明記)