ロングステイ タイ

タイには他国同様に、永住権があり、ロングステイは可能ですが、タイの永住権には就労許可がついておらず、またロングステイ用の他のビザもあることなどから、永住権取得をする日本人は少ないように思われます。

タイのロングステイ用で人気のビザが、退職者を対象としたリタイアメントビザです。

・リタイアメントビザ:
タイでは、50歳以上の日本人を対象とした、退職者用ロングステイビザの発給をしています。
こちらは1年間の滞在許可が取得可能で、1年毎の更新が可能なロングステイビザです。

また、こちらはマルチプルビザと呼ばれる、出入国が自由なビザのため、日本や近隣諸国への出国、そしてタイへの再入国が可能なため、ロングステイをされる方にとってメリットが大きなビザとなっています。

申請条件は以下の通りです。

・年齢が満50歳以上の日本国籍者
・タイ国内に80万Bath以上の預金保有者、もしくは、付き6万5千Bath以上の年金収入が証明できる方
・過去にタイ入国時に、入国拒否をされたことのない方
・タイ国内での労働を目的としない