海外移住 シンガポール

アジアのHUBと呼ばれるシンガポールは、世界の企業がビジネス拠点として注目をしていますが、海外移住先としても人気の国です。
治安の良さや抜群のインフラを誇る生活環境の整った面だけでなく、低い税率も海外移住先としての魅力の一つです。
日本の財政が年々厳しくなるなか、海外での資産保全が必要となってきています。それは大切な資産を守るためのリスク分散を実現して、安定した将来への備えとなります。

そのようなことをお考えの方はシンガポールへの海外移住に興味を持たれると思います。そして日本国内での法人経営者の方、個人所得が高額で節税を考えていらっしゃる方も是非、シンガポールへの海外移住をご検討されてください。

ではなぜ、シンガポールへの海外移住なのか、以下にまとめます。

1)低い税率
シンガポールの法人税率は最高で17%です。
さらに住民税に当たる課税はなく、贈与税・相続税もありません。キャピタルゲインも非課税です。

2)高い医療水準
日本語の通じる医師やスタッフが常駐する医療機関があり、さらにその医療水準の高さで、メディカルツーリズムと呼ばれる、医療機関受診のために他国からシンガポールに訪れる方もいます。

3)グローバル社会に対応した高い水準の教育環境
子育てのためにシンガポールへ海外移住をされる方も多いと言われるほど、シンガポールの教育水準は高いのです。
シンガポール政府が国の防衛予算の次に高い予算を組んでいるのがこの教育政策です。

4)インフラの整備と治安の良さ
シンガポールはビジネスにおいても生活面においても、そのインフラの整備は他の東南アジア諸国に比べ秀でています。
また治安も近隣諸国に比べると良いことから、海外移住先として人気があります。

このようなシンガポール移住のメリットをご覧頂き、移住計画を具体的にされるためにも是非弊社へお問い合わせください。