タイ 移住 条件

微笑みの国、タイへの移住をお考えの方は多いと思います。タイへ旅行に行き、その物価の安さとタイ人の暖かさ、そして美味しいタイ料理以外にも、日本料理や中華料理を食せる環境が整っているバンコクなどは、日本人が移住しやすい街といえます。

また日本からの進出企業も年々増加し、その在住日本人のコミュニティーも大きく、日本食材が手に入る環境も整っていることは、移住先を決める条件としてとても魅力的といえます。

タイへ永住権を取得して移住をお考えの方に、今回はタイの永住権について、その取得条件などを以下にまとめます。
タイの永住権にはその発給数が年間100名までとなっています。

永住権発給の優先条件は、タイの現地就労3年以上で労働許可証から永住権への切り替えの人や、タイ人と結婚して申請する人などとなります。
永住権申請量は7600Baht、ビザ発給に1900Bahtがかかります。

対象としては上記に示しました様に、3年以上継続してタイに滞在することが条件です。こちらの条件をクリアしているビジネスマン、投資家、専門家や学識者、そして永住権所持者の配偶者とその子どもが申請資格を有しています。

永住権取得を個人でされて移住を目指す方もいらっしゃると思いますが、上記の様にその発給条件は簡単なものではありません。
タイへの永住権を取得しての移住をお考えの方は是非、弊社を介してビザの代行業者へ相談されることをおすすめいたします。