オーストラリア ビザ 種類

オーストラリアに長期滞在するために必要なビザについては、いくつかの種類があります。

まず、オーストラリアに入国するためには、滞在期間に関わらずビザが必要になります。

そして渡航目的や期間によって、ビザの種類が非常に細かくジャンル分けされています。

一般的な日本人が比較的取りやすいオーストラリアのビザを中心に紹介します。

滞在日数が3ヵ月未満の場合
日本国籍者の場合、滞在日数が3ヵ月未満で、渡航目的が観光や知人訪問、商用であれば、ETAS(イータス)と呼ばれる電子ビザを利用することができます。

これはオーストラリアの政府移民局にコンピューター上で登録を行い、入国許可を得るシステムで、搭乗手続きや出入国の際もすべてこの登録をもとに行われます。

取得の際は、パスポートの残存期間が3ヵ月以上あること、他の種類のオーストラリアのビザを取得していないことなどが条件となります。

登録方法は、ビザエージェントや航空会社などに代行してもらうこともできますが(手数料は1000ー3000円前後)、自分でオーストラリア政府電子入国許可システムHP(日本語)にアクセスし、オンライン登録することもできます。

ただし、この場合はシステム利用料として一律20AUD(約1760円)がかかるため、エージェントなどに頼んだ方が安く上がるケースもあるので注意が必要です。

ETASビザの有効期限は、登録してから1年間となっています。

通常、この間は何度でも渡豪が可能ですが、1回の渡航で滞在できるのは3ヶ月までとなっています。

滞在日数が3ヵ月から1年未満の場合
オーストラリアのビザの種類で就労目的を除く3ヶ月以上の滞在の場合は、ETASではなく、長期ビジタービザ(e676)を取得することになります。

このビザには、滞在期間ごとに3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3タイプがあります。

基本的には、ビザの有効期限内であれば何度でも出入国ができるマルチプルビザとなっています。

また、このビザによる就労と3ヵ月以上の就学は禁止されています。

ビザの申請は、オーストラリア移民局のオンラインシステム(英語のみ)を利用することができます。

ただし、ETASよりもチェックは厳しく、過去の犯罪歴や病歴、海外渡航歴などについても審査の対象となるといいます。

また、ビザの種類によって有効期限については申請時に希望を出すことができますが、12ヶ月間のビザについては審査が非常に厳しくなります

12ヵ月で申請する場合は、往復航空券のほか英文による旅程表や現地での十分な生活費の証明(銀行の預金残高証明など)といった追加資料が必要になるといいます。

その際は、生活費の目安として月額1000AUD(約8万8000円)ぐらいを用意しておくといいだでしょう。

語学力に自信がなく、独力で取得するのが難しい場合は、ビザの種類により旅行代理店やビザエージェントなどが申請代行をしています。

ただし、ビザ申請費用110AUD(約9680円)に加えて6000ー8000円程度の手数料がかかります。
一般的なオーストラリアのビザの種類の紹介でした。