フィリピン 入国 ビザ

フィリピンの入国に際してのビザにはさまざまな種類があるが、特別な事情(結婚や駐在)やコネ、多額の資産を持たない一般的な日本人が利用できるものとしては、入国管理法の規定で査証免除となっており、ノービザで入国、自動的に21日間の滞在許可がもらえる。つまり、フィリピンで3週間以内の滞在ならば、ビザの事前取得は必要ないのだ(ただし入国の際帰国便のチケットとパスポートの有効期限が6ヵ月間以上あることが条件になる)。
フィリピンへ観光ビザ(9A)で入国し滞在する場合ノービザの滞在期限が3週間」と言われるとずいぶん短いような気がする
が、フィリピンでは入国後、イミグレーションで手続きをすれば59日間まで延長することができる。この59日間有効のビザが、観光ビザに該当する。
フィリピンではこの観光ビザが最長2年まで延長できるという観光ビザで入国し2年も滞在できる例はフィリピン以外ほとんど見られず、ロングステイヤーにとってはかなりお得な制度ということができる。
フィリピンのセブ島に入国した場合は、滞在期限(21日間)を過ぎる前に、セブ・シティに隣接するマンダウエ市内のイミグレーションへ行って手続きする。申請に必要なのはパスポートと現金のみで、初回は1人につき3000ペソ(約5400円)前後でビザを延長できる。その後は、有効期限内に1ヵ月毎に延長が可能で、最長で2年まで
延長することができる。ただし、担当官に入国長期滞在の理由について説明を求められる場合もあるので、英語ができない場合が必要です。
観光ビザは日本国内のフィリピン大使館でも取得できる。ただ、
申請にはパスポートや往復航空券のほか、残高証明書などさまざまな書類が必要になるので、在日フィリピン大使館のウェブサイトで確認しよう。
民間の語学学校ではなく、フィリピンの大学および大学院の正規学位課程に留学する場合は、「学生ビザ」(9F)を取得する必要がある。申請は在日フィリピン大使館でできるほか、ノービザや観光ビザで入国後に現地で学生ビザに変更することも可能だ。申請には入学許可証、英文の履歴書、残高証明書など複数の書類が必要になる。