オーストラリア ビザ ETAS

オーストラリアへの滞在日数が3ヵ月未満の場合はETAS(イータス)ビザが必要です。
日本国籍者の場合、滞在日数が3ヵ月未満で、渡航目的が観光や知人訪問、商用であれば、ETAS(イータス)と呼ばれる電子ビザを利用することができる。これはオーストラリアの政府移民局にコンピューター上で登録を行い、入国許可を得るシステムで、搭乗手続きやオーストラリア出入国の際もすべてこのETAS(イータス)ビザ登録をもとに行われます。オーストラリアのETASビザの有効期限は、登録してから1年間となっています。通常、この間は何度でもオーストラリア入国が可能だが、1回の渡航で滞在できるのは3ヶ月までとなっています。
オーストラリア滞在日数が3ヵ月ー1年未満の場合は、就労目的を除く3ヶ月以上の滞在の場合は、ETASではなく、長期ビジタービ
ザ(e676)を取得することになります。このビザには、滞在期間ごと3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3タイプがああり、ビザの申請は、オーストラリア移民局のオンラインシステム(英語のみ)を利用することができます。ただし、ETASビザよりもチェックは厳しく、過去の犯罪歴や病歴、海外渡航歴などについても審査の対象となる。