香港 ビザ 取得

香港小会社への駐在、そして香港企業の現地採用が決定した際、赴任するにあたって就労ビザ(Emplyment Visa)の取得が必要です。原則として、日本にいる赴任前に、香港の現地法人がビザを申請し、許可が下りるとその法人にビザラベルが発給されます。このビザラベルを日本に郵送してもらい、パスポートに付けて香港に入境します。

また現地へビザなしで入境して、ビザラベル取得まで待つこともできますが、ビザラベル取得後、第三国に出国し、再入国の必要があるため、追加費用がかかってしまいます。

ビザ発給までは通常、4〜6週間かかります。

取得までのビザ申請の流れは以下の通りです。(ここでは、日本でビザラベル発給を待つ場合です)
1)必要書類の準備*1
2)書類を現地法人へ送付
3)現地申請(これは現地の法人が行います)
4)ビザ発行(申請後、4〜6週間)
5)ビザラベルを現地より郵送してもらう
6)ビザラベル取得後、香港へ入境

*1必要書類は以下の通りです。
・パスポートコピー(残存期間6ヶ月以上)
・写真(5.0㎝×4.0㎝)カラー2枚
・就労ビザ申請書
・英文卒業証明書
・英文履歴書(Personal History)
・雇用証明書(Certificate of Employment)

赴任のご同行者様がいらっしゃる場合(家族に限る)、香港入境後、現地にて申請を行います。

戸籍謄本の原本と英訳、赴任者の香港法人での在職証明書、ご家族のパスポート、写真を提出し、1週間程度で家族ビザ(Dependent Visa)が取得できます。