マレーシア ビザ 申請

マレーシアに滞在する場合、日本人は90日以内の観光目的で
あればビザが免除される。正確には、入国時に自動的に90日間の観光ビザ(VISIT VISA)を申請、発行されていることになる。その場合、帰国便のチケットとパスポートの有効期限6ヵ月間以上が条件とされている。
マレーシアの周辺諸国へ出国して再びビザ免除で入国するもっとも簡単なのは、ノービザで入国後、観光ビザの滞在期限が切れる前に
いったんマレーシア近隣諸国に出国して再度入国し、再びビザ免除で90日間の滞在許可を申請してもらう、という方法だ。この方法なら、ノービザで実質180日間(6ヵ月)の滞在が可能になる。
マレーシアと国境を接するシンガポールやタイに出国し、1、2泊
ほど過ごしてから再入国する、半年以上ロングステイすることが決まっているなら、やはり事前に適正なビザを申請取得してから渡航する。
マレーシアに語学留学する場合、留学先の学校が政府の認定する教育機関であれば、基本的に学生ビザ(Student Pass)の申請が可能だ。学生ビザの有効期限は、学校やカリキュラムによって異なるが、おおむね半年から1年程度となっている。
英語ができれば自分で手続きを行うこともできる。まずビザの申請に必要な書類をマレーシアの学校側に確認し、すべての書類をそろえて学校のイミグレーション担当者へ送付する。学校側がマレーシア政府移民局へ学生ビザを申請、移民局からの承認が下りれば学校から本人へ「入学許可証」が発行される。
その後、入学許可証と必要書類をマレーシア大使館へ提出し、入国ビザ(エントリービザ)を取得。そしてマレーシアに入国後、学校が再度正式に移民局へ申請をし、ようやく学生ビザの発給となる。