マレーシア 移住

マレーシア・マイ・セカンドホーム(MM2H)ビザで移住。
これは10年間有効な長期滞在ビザで、正確には自由な出入国が許されたソーシャル・ビジット・パスのこと。10年という期限があるものの、更新が可能なので、マレーシアに長期移住、実質的にはほぼ永住に近い形での滞在ができるというメリットがある。
また、配偶者や21歳以下の未婚の子供、60歳以上の介護が必要な両親などを同行することができるので、一家でマレーシアに移住したい場合などは非常に“使える”ビザといえる。
このビザを取得するにはかなりの資金力が必要となる。その理由は、申請の際の条件にある。このビザの申請条件は「50歳以上」と「50歳未満」で異なる。
申請者が50歳未満の場合、最低50万RM以上の金融資産を保有していること。
月の収入が1万RM以上あること。
以上二つをクリアしていることが条件となる。また、申請の際には10年間の職歴、ビザの志望理由書、無犯罪証明書などの書類も求められる。さらに、ビザ申請後に移民局から仮の承認が下りた際には、マレーシアの銀行に口座を開設して30万RMの定期預金する必要もある。働かなくても暮らせるだけの資金力があるお金持ちをマレーシアに移住してもらい、国内の経済に貢献してもらうことがこのビザの目的なのだ。
会社を興して自分自身に就労ビザを発行してマレーシアに移住するという方法もある。
最低資本金2RM、およびマレーシア国内に住所がある発起人2名を用意し、会社名の許可申請をマレーシア企業委員会(CCM)に行う。会社名が認可されたら、必要書類をそろえて3ヵ月以内にCCMへ設立登記する。これでマレーシアへ移住する足がかりは出来ます。