オーストラリア 移住 条件

オーストラリアが移住しやすい条件が揃っている場所として選ばれる訳としては、温暖で過ごしやすい気候、時差が少ない、英語が通じるなどです。
オーストラリアに移住する際、考慮する条件となる1つが物価の高さです。
コンビニで500mlのコーラが3AUD、卵1ダースが5AUD、カフェやレストランでランチをすれば10AUD。
一般的な日本人がオーストラリアで移住する為起業する場合、まず最初に永住権を取得してから起業するというのが最も条件的に容易な方法ということになる。
永住権はそう簡単にもらえるものではない。オーストラリアの永住
ビザには、ビジネススキルビザ、技術独立永住ビザ、雇用主指名ビザ、配偶者ビザなどがある。ただし、雇用主指名ビ
ザは前提としてオーストラリア企業に就職していなければ取ることはできず、配偶者ビザはオーストラリア人の配偶者を持つ外国人の移住ための永住ビザのため取得条件は難しい。
オーストラリアでは45歳未満で優れた技術・英語力を有する健康な外国人移住希望者
が対象で、申請者の年齢や英語力、技術力に応じてポイントを加算していくポイントテストという審査で合格点に達すれば取得できる。
このカテゴリーのビザにはいくつかの種類があるが、代表的なものは技術独立ビザだ。取得には、自分の職種がオーストラリア政府の定める技能職業リスト(http://www.immi.gov.au/skilled/sol/ )に載っていること、過去2年のうち1年以上その仕事での職務経験があること、またはオーストラリアに2年以上留学して定められたコースを修了してから6ヶ月以内であると、そしてIELTS全セクション6.0以上の英語力を持っていることなどが移住に際して基本条件となる。オーストラリアで移住に際して物件を借りる場合、最低6ヵ月から1年以上の契約が基本的な条件になる。