オーストラリア ビザ 代行

オーストラリアのビザに関しては取得を代行しているエージェントが多数あります。
オーストラリアに滞在日数が3ヵ月未満の場合は渡航目的が観光や知人訪問、商用であれば、ETAS(イータス)と呼ばれる電子ビザを利用することができる。これはオーストラリアの政府移民局にコン
ピューター上で登録を行い、入国許可を得るシステムで、搭乗手続きや出入国の際もすべてこの登録をもとに行われる。
取得の際は、パスポートの残存期間が3ヵ月以上あること、他のオーストラリアのビザを取得していないことなどが条件となる。
登録方法は、ビザエージェントや航空会社などに代行してもらうこともできるが(手数料は1000ー3000円前後)、自分で豪州政府電子入国許可システムHPにアクセスし、オンライン登録することもできる。就労目的を除く3ヶ月以上の滞在の場合は、ETASではなく、長期ビジタービザ(e676)を取得することになる。このビザには、滞在期間ごとに3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3タイプがある。基本的には、ビザの有効期限内であれば何度でも出入国ができるマルチプルビザとなっている。また、このビザによる就労と3ヵ月以上の就学は禁止されている。ビザの申請は、オーストラリア移民局のオンラインシステム(英語のみ)を利用することができる。語学力に自信がなく、独力で取得するのが難しい場合は、旅行代理店やビザエ
ージェントなどに申請代行を依頼しよう。ただし、ビザ申請費用110AUD(約9680円)に加えて6000ー8000円程度の手数料がかかる。
18歳以上30歳以下の人なら、ワーキングホリデービザ。取得するためには、日本国籍者であること、過去に同国でワーキングホ
リデービザを取得していないこと、申請時に18歳以上31歳未満であること、滞在中の十分な資金(おおむね50万円程度)を証明できること、扶養家族を同行しないことなどの条件がある。
申請は、オーストラリア大使館ウェブサイトのビザ査証課のページにあるリンクからオーストラリア移民局の該当ページに飛び、オンラインで手続きが可能だ。申請費用は270AUD(約2万3760円)。ただし手続きはすべて英文のため、自信がない人はエージェントに代行を依頼するといいだろう(その際、手数料はおおむね8000ー1万円前後かかる)。
長期滞在するには、留学という手段も有効な方法だ。オーストラリアで学ぶ場合、一般の大学・大学院からカレッジ(TAFE)、私立の語学学校、大学付属の英語コース、中高生向けの英語コースなど、さまざまな選択肢がある。ただし、オーストラリアの学生ビザを取得するには、フルタイムのコースに在籍していることが条件になる(パートタイムや通信は不可)。また、自分が通う学校および受講するコースはCRICOS(政府認定校)でなければならない。
そのため、通いたい学校が決まったら、まずはオーストラリアの学校に問い合わせてこの認定を受けているかどうか確認する必要がある。その後で学生ビザの代行エージェントに相談しよう。

以上がおおまかなオーストラリアのビザの種類、代行エージェントの料金相場となります。