ロングステイ フィリピン

ロングステイに向いているフィリピンのセブ島の理由
ロングステイに大事な飛行機はフィリピンへは日本航空、全日空などの便が就航しており、直行便はフィリピン航空が1日1便、週5日で往復している。他の都市からはマニラで国内線に乗り換えるが、マニラーセブ島間は国内便がひんぱんに運行しているので(最大1日18便)、心配はいらない。その他、シンガポール航空や大韓航空で韓国や香港を経由する便があり、こちらの方が渡航費は安く済
む。チケット代は、時期によるが往復で4万円台から入手することができる。
またロングステイには気候も重要な要素となるがフィリピンは熱帯雨林気候に属しているため、基本的に高温多湿だが、セブ島は雨季と乾季の明確な差がなく、雨量は比較的少ない。平均気温は30℃前後。
次は、一番重要な公用語だが英語についてフィリピンでは、首都マニラの地域言語であるタガログ語(フィリピン語)、そして英語が公用語とされている。よってロングステイしてフィリピンで語学を身につける人も多い。
セブ島はフィリピンを代表する都市として交通などの都市インフラが整っているセブ・シティでは外資の進出が盛んで、IT、ソフトウェア産業の成長も目立っている。ロングステイしてフィリピンでITエンジニアの仕事に就く人も多い。
経済特区が設けられ、エリア内では外資による直接投資が認
められているほか、税金面などでさまざまな優遇措置が受けられるため、日本からも多くの企業が進出している。
おおまかではありますが、ロングステイに人気のフィリピン、セブ島の特徴を挙げてみました。