フィリピン ビザ 申請

フィリピンのビザにはさまざまな種類があるが一般的な申請方法を紹介します。

日本人(日本国籍者)は入国管理法の規定で査証免除となっており、

ノービザで入国、自動的に21日間の滞在許可がもらえる。つまり、3週間以内の滞在ならば、ビザの事前申請は必要ないが帰国便のチケットとパスポートの有効期限が6ヵ月間以上あることが必要。

観光ビザ(9A)で滞在する方法としてフィリピンでは入国後、イミグレーションで申請手続きをすれば59日間までビザを延長することができる。この59日間有効のビザが、観光ビザに該当する。

フィリピンではこの観光ビザが最長2年まで延長申請できる。

申請に必要なのはパスポートと現金のみで、初回は1人につき3000ペソ前後で延長できる。その後は、有効期限内に1ヵ月毎に延長が可能で、最長で2年まで延長することができる。

観光ビザは日本国内のフィリピン大使館でも申請取得できる。ただ、

申請にはパスポートや往復航空券のほか、残高証明書などさまざまな書類が必要になる。

フィリピンのリタイアメント・ビザ、正確には「特別居住退職者ビ

ザ」(SRRV=Special Resident Retiree Visa)は、原則的に「35歳以上」であれば誰でも申請できる。

SRRVビザの申請は、フィリピン・マニラ市内にあるPRAに直接行う。PRAの日本語ウェブサイトからオンライン申請し、入国後に必要書類をPRAに提出するのが最も簡単。

フィリピンの特別退職者訪問ビザを申請しで滞在するといった場合には、特別退職者訪問ビザ(SRVV=Special RetireeVisitors Visa)を取得する方法がある。これは前述のPRAが指定する施設への滞在を前提に、1年間のみ有効なビザを発行するという制度。

留学するには「観光ビザ」と「SSP」(Special Study Permit)

が必要になる。SSPとは、フィリピン政府から外国人学生に対して発給される就学許可証のことで、フィリピン移民局が認定した語学学校の生徒のみ申請できる。