フィリピン ビザ 取得

フィリピンの観光ビザ(9A)を取得する。日本人(日本国籍者)は入国管理法の規定で査証免除となっており、

ノービザで入国、自動的に21日間の滞在許可がもらえる。イミグレーションで手続きをすれば59日間まで延長することができる。

フィリピンの観光ビザは日本国内のフィリピン大使館でも取得できる。フィリピンの特別退職者居住ビザ(リタイアメント・ビザ)で永住権を取得する。原則的に「35歳以上」であれば誰でも申請できる。「SRRVスマイル」で、これは現在のフィリピンペソの為替レートなら150万円程度の預託金さえあれば、ほぼ無条件でビザ取得できてしまう。

フィリピン特別退職者訪問ビザ(ロングステイ・ビザ)を取得する。PRAが指定する施設(ホテル、賃貸物件など)への滞在を前提に、1年間のみ有効なビザを発行するという制度だ。

留学するには「観光ビザ」と「SSP」(Special Study Permit)

が必要になる。SSPとは、フィリピン政府から外国人学生に対して発給される就学許可証のことで、フィリピン移民局が認定した語学学校の生徒のみ申請取得できる。フィリピンの大学および大学院の正規学位課程に留学する場合は、「学生ビザ」(9F)を取得する必要がある。申請は在日フィリピン大使館でできるほか、ノービザや観光ビザで入国後に現地で学生ビザに変更することも可能。

フィリピン労働ビザ(9G)を取得して働きながらロングステイ。

労働ビザの発給は雇用先がアレンジしてくれる場合が多い。もし自分で申請するなら、まずはフィリピン労働省で外国人雇用許可証(AEP)を取得する必要がある。その後、移民局にて労働ビザの申請取得する。