シンガポール 移住 仕事

シンガポールに移住して仕事をする場合のいくつかを紹介します。

起業して労働ビザを取得して移住するには、会社を設立し自分に対しての経営者ビザの申請をする事になります。その後、数年経過したらシンガポールの永住権を取得して移住しながら仕事を続けていく方法。

シンガポールで法人設立を行い、その取締役として就労ビザを取得して、滞在実績から永住権を申請する方法です。この方法がもっとも一般的ですが、シンガ ポールの移民政策の方針により、認可の条件は流動的です。最近では、シンガポールでの給与実績がある程度高い日本人でも認可が下りなくなっています。しか し、この認可基準はそのときの情勢により流動的なので、今後シンガポール政府の考え方や仕事の内容で取得移住しやすくなる可能性は十分にあると思います。また、法人を設立してその事業を継続している 限り、ある程度の税金を払い続ける必要はございますが、就労ビザの更新に問題はないので必ず永住権が必要ではないといえます。

シンガポールに移住し仕事をしていく上で就職という方法ももちろんあります。

ビザで分けるとEP(エンプロイメントパス) Spass(Sパス)DP(ディペンデントパス)があります。EPは3種類あり、P1、P2は4大卒以上で且つ企業経営者、上級・中間管理職、専門職など。Q1は4大卒以上で専門的スキル保持者。

SpassはEPに分類されない方で一般的には専門・短大卒の方で、特定の技術・技能、専門知識があり、職歴が長く専門職の方が対象。

更にシンガポールに移住している家族が仕事する場合はDP(ディペンデントパス)があります。EPかSパスを取得した外国人の扶養家族としてシンガポールで長期滞在する際に取得するビザ。DPを保持している方が就労するには、雇用主よりMinistry 0f Manpower(MOM)にLetter of Consent と呼ばれる就労申請をする必要があります。以上シンガポール移住して仕事をする方法をいくつか紹介しました。