シンガポール 移住 条件

シンガポール移住する条件を簡単にまとめました。

シンガポールは総人口の35%が他国から移民してきた移住者で世界で10番目にランクされています。移住の条件としてビザの問題がありますが、最近は永住権(PR)の取得が難しくなる傾向があります。

永住権取得のメリットは、仕事をしていなくてもシンガポールに滞在、会社から中央積立金(CPF)が支払われる、公営住宅の中古を購入することができるなどがあります。シンガポールでPRを取得して移住する条件は

シンガポール人の家族を作る、専門職や熟練の職人として数年仕事をする、起業家として数年税金を納めるなど様々あります。

その他にもEP(エンプロイメントパス) Spass(Sパス)DP(ディペンデントパス)があります。EPは3種類あり、P1、P2は4大卒以上で且つ企業経営者、上級・中間管理職、専門職など。Q1は4大卒以上で専門的スキル保持者。

SpassはEPに分類されない方で一般的には専門・短大卒の方で、特定の技術・技能、専門知識があり、職歴が長く専門職の方が対象。

更にシンガポールに移住している家族が仕事する場合はDP(ディペンデントパス)があります。EPかSパスを取得した外国人の扶養家族としてシンガポールで長期滞在する際に取得するなど方法はあります。

決してシンガポールに移住する条件のハードルは低くありませんが、何故選ばれるのでしょうか。

税金面での優遇と生活のしやすさが考えられます。

所得税が安く最高で20%、資産運用益に対しての課税なし
海外の株式、海外のファンド、値上がり益などのキャピタル・ゲイン所得や預金等の利子収入などのインカムゲイン所得に対しても全く税金かからない、相続税、贈与税がない。などがシンガポールに移住する事によって条件によりますが得られるメリットです。

行政に関しても不正が少ない法治国家であるため、他のアジア諸国と比べて日本の企業とビジネスマンが活動し易い下地が整っていると言えます。

親日国家であり日系企業、デパート、食材が揃う、治安が良い、東南アジアのハブとなっているなど生活面でも過ごしやすいです。

次回の特集では更にシンガポールに移住する為の最新の条件のレポートをしたいと思います。