フィリピン 入国 ビザ

フィリピンに入国する際、日本国籍保持者は、ビザなしでの入国が可能で、その滞在期間は21日以内です。観光ビザとして、入国審査の際にパスポートにスタンプが押されます。

21日以上の滞在を希望される方は、最長59日間有効な観光ビザを、日本国内にて申請・取得してフィリピンへ入国します。
ビザの申請先はフィリピン大使館の領事部で行います。

また、ビザなし入国での滞在時に気をつけなければいけないのは、入国時に、フィリピン出国用の航空券を所持していること、です。

さらに「オープンチケット」と呼ばれる、搭乗区間のみ指定し、フライト(日付など)を予約をしないで購入する航空券でも入国は認められないとのことです。

復路の航空券なし、またはオープンチケットでフィリピンへ観光などで行き、入国審査時に「入国拒否」を受けてしまった方もいるのでご注意を。

ただ、オープンチケットの場合、入国拒否をされた後に入国審査官同伴で、そのまま航空会社のチケットカウンターへ行き、復路チケットを購入すれば入国を許可してくれる場合もあるそうです。

フィリピンで21日間、ビザ無しでの滞在ができるため、移住を視野にいれた視察に行かれる方もいらっしゃいますが、こちらの点を十分ご注意ください。