フィリピン ビザ

フィリピンの主なビザの種類についてまとめます。

観光ビザ
観光目的で、滞在期間が21日以内の場合、事前のビザ申請・取得は必要ありません。

ノービザで入国することができ(但し、21日以内に国外へ出る航空券の保持が条件)、入国審査にてスタンプを押されます。

また21日以上滞在したい場合には、最長59日間滞在が可能な観光ビザを日本のフィリピン大使館にて申請・取得してから渡航してください。

◇雇用ビザ(Pre-Arranged Employee Visa)◇
他国同様、雇用先が決まり、入っていの条件をクリアした際に発給される雇用ビザ。

フィリピンでの勤め先が決定し、雇用主が労働雇用省から外国人雇用許可証を申請・取得した後に、移民局への雇用ビザの申請を行います。

また日本のフィリピン大使館では雇用ビザの受付ができないため、まずは最長59日間滞在可能なビジネスビザを日本にて申請・取得し、フィリピンへ入国します。

その後雇用主とともに、移民局への雇用ビザの申請を行います。(雇用ビザ取得まで平均1〜2ヶ月かかる)

雇用ビザの有効期限は、雇用契約にもよりますが、通常2〜3年で、その後必要であれば延長が可能です。

◇SRRVビザ◇
このビザは、SRRVと呼ばれる、リタイアメント用の特別永住権制度です。

フィリピンの退職庁(PRA)が運営する制度・永住権です。

リタイアメントとはありますが、35歳から申請可能となっています。

申請条件は以下の通りです。

【35〜50歳未満】
PRA指定銀行に口座を開き、5万ドルの定期預金をすること。(6ヶ月

ビザ発給日から30日をすぎれば、預金を賃貸住居の長期契約(20年以上)や、住宅建設に使用することが可能です。

【50歳以上】
PRA指定銀行に口座を開き、2万ドルの定期預金をすること。(6ヶ月
年金受給者に関しては、1万ドルの預金が必要。