海外移住 オーストラリア

海外移住を希望する人に昔から人気の高いオーストラリアについて特集します。

オーストラリアは広いので、シドニー、ゴールドコースト、メルボルン、ケアンズ、パースなど様々な都市で特徴がある。

日本人に人気の留学先やロングステイ、海外移住先として国別ランキングの1位に

なることが多いオーストラリア。理由としては様々あるが、老若男女なんべんなく上位になっている。気候、ビザの取得のしやすさ、ワーキングホリデー制度の充実、英語などがあげられる。

ワーキングホリデーがきっかけでそのまま海外移住をオ−ストラリアで過ごす人も多い。

オーストラリアの首都キャンベラ、大都市であるシドニー、メルボルン、東海岸で有名なブリスベンとケアンズ、西のパースと都市に在外公館が存在しています。海外移住した永住者が25%を超える増加率を記録しています。

最近はパースが人気で、企業の進出や長期滞在者が増加していて、行ってみると街もきれく広々としていて、東海岸沿いよりも英語が聞き取りやすい印象を受けた。

パースにおいては最近、長期滞在が40%、永住者が35.0%増加している。

海外移住する際には、オーストラリアの永住権を取得出来ると心配が少なくなりますが、年々世界的に移民法が厳しくなる傾向にあります。

また海外移住でヨーロッパに出ているオーストラリア人がユーロ危機により帰国しているケースも増えてきている。

将来的にオーストラリアの永住権を目指し留学していた学生も移民法の改正などで夢が叶わないケースも出て来ています。

海外移住でオーストラリアを目指す方をサポートするコンサルタントは多く存在しますので、自分にあった支援を相談してみましょう。