オーストラリア ワーキングホリデー

オーストラリアは18歳以上30歳以下の人なら、ワーキングホリデービザの取得対象となります。

オーストラリアのワーキングホリデービザでは、日本とオーストラリアの政府間協定により、異文化交流を目的とした青少年に現地での就労が認められています。

通常は1年間だが、ワーキングホリデー中に指定された区域で指定職(Specified Work)に3ヵ月以上従事することが条件で指定職はおもに農業関連の仕事となっていますが、詳細はオーストラリア政府のウェブサイトの該当ページにて御覧ください。

http://jobsearch.gov.au/harvesttrail/default.aspx )参考

上記の条件を満たせば、2年間までの延長も可能です。滞在可能期間は、最初の入国日から12ヶ月間で、その間はオーストラリアを自由に出入国ができます。

このオーストラリアのワーキングホリデーの特徴は、最大4ヵ月までの就学が認められていることと、フルタイムで働くことができます。ただし、同じ雇用主の元での就労は6ヶ月までに制限されています。

ワーキングホリデーのビザ申請は、オーストラリア大使館ウェブサイトのビザ査証課のページにあるリンクからオーストラリア移民局の該当ページに飛び、オンラインで手続きが可能です。申請費用は270AUDです。

オーストラリアにワーキングホリデーで入り、イルカの世話をしている人に出会ったり、コーヒー畑で働いている人も多いです。