ニュージーランド ワーキングホリデー

ニュージーランドは、ワーキングホリデー制度を実施しています。申請できるの

18歳以上31歳未満、過去にニュージーランドのワーキングホリデービザを

取得していない人が対象で、最大で1年間の滞在が認められています。

ニュージーランドのワーキングホリデービザは、最大6ヵ月までの就学のほか

も認められています。就労は滞在中の資金を補うための臨時的な仕事のみで、実質的にはアルバイト程度に限定されます。

ニュージーランドの場合既婚者もワーキングホリデーの取得も可能ですが、子供は同伴できません。申請は、ニュージーランド移民局のウェブサイトからオンラインで申請可能です。

必要書類はパスポート(残存期間15ヶ月以上)、クレジットカード、身分証明

書(運転免許証など)。日本国内からのビザ申請費用は無料となっています。

ニュージーランドからワーキングホリデー後に日本に帰国した後、すぐに訪問者ビザで再入国することはできません。ワーキングホリデーでの滞在期間と同じ期間を経なければニュージーランドの訪問者ビザの申請はできないです。

 

以上が概要ですが、ワーキングホリデーにおいてオーストラリア、カナダなどと共にワーキングホリデーでの滞在は人気が高いです