海外ロングステイ 留学編 1

海外へのロングステイにはビザの問題が重要です。

企業から駐在員として派遣される場合や現地人との結婚で移住する場合、投資ビザで移住する場合など、特別な事情がない限り日本人が長期ビザを獲得するのは非常に難しいのが現状です。

そこで留学についての奨学金、助成金特集します。

年齢の問題が無ければ学生ビザ(留学)による海外ロングステイは最も現実的な選択肢です。

留学するには、滞在費のほかに学費やテキスト代などがプラスされので留学エージェントを使えば手数料も発生します。できるだけ少ない予算で海外にロングステイしたい人にとっての留学で是非おすすめなのが検討してほしいのが「奨学金」や「助成金」の利用です。

政府や地方自治体をはじめ、国内外の数多くの団体、教育機関などによって海外へのロングステイで留学を助長するさまざまな奨学・助成制度が実施されています。奨学金や助成金と聞くと“経済的に苦しい学生向けの制度”と思われがちだが、じつはサポート内容や支給対象は幅広く、海外留学や社会人を対象としているものも多くあります。

さらにこうした奨学金の中には、いわゆる貸与型(留学後に返済が必要)だけでなく、返済不要の給付型のものも数多く存在します。

年齢や健康状態、成績、語学力といった申請資格も、制度ごとにかなり幅がありますが今まで海外留学で30歳を過ぎている、返済が大変などの理由でロングステイすることを諦めていた人にも、根気よく探せば、受給のチャンスはまだまだあるといえるます。

海外への語学留学で奨学金や助成金を活用してロングステイする方法として、いくつか特集したいと思います。

奨学金、助成金の探し方について。海外留学関連情報が充実
している独立行政法人・日本学生支援機構のウェブサイトをチェックし
てみます。サイト内の「海外留学のための奨学金」というページ
(http://www.jasso.go.jp/study_a/scholarships.html )には、あら
ゆるタイプの奨学金情報が網羅されています。また、機構では海外留学希
望者向けに「海外留学奨学金パンフレット」を無料で配布しています。

すでにロングステイしている人もチェックしてみて下さい。

財団法人・助成財団センターのウェブサイト(http://www.jfc.or.jp/)
内にある「民間助成金ガイド」コーナーでは、民間団体が実施する助
成プログラムを検索することができます。ここでは海外留学だけでなく、
アーティストの海外研修費用のサポートなど、ロングステイへの道についても調べることができます。

海外ロングステイ、留学編 2に続く