ロングステイ 国際キャッシュカードとプリペイドカード

観光ビザなどを活用して、移住ではなくロングステイをされる方が気になるのが、現地でのお金の管理です。

観光ビザでは基本的には現地の銀行口座は開くことはできず、かといって多額の現金を持ち歩くのも不安…

そんな中注目されているのが、国際キャッシュカードと、プリペイドカードです。

国際キャッシュカードは主に、りそな銀行・楽天銀行・新生銀行などが発行しているもので、現地のキャッシュディスペンサーやATMで、PLUSのマークが付いているところで、日本の口座から現地通貨を引き出すことができます。

手数料などのコストは各金融機関、そして現地のCDやATMによって異なるので、渡航前にしっかりと調べて無駄な出費は抑えましょう。

また国際プリペイドカードもロングステイのみならず、留学をする学生などのお金の管理を支えています。

このプリペイドカードは、クレジットカードとキャッシュカードの機能、両方を兼ね備えたすぐれもので、さらに新規発行には収入等の借入審査はなく、申込みから約1週間で手元に届きます。

使い方は、円建てで予めカードに入金をしておきます。

そして買い物の時はクレジットカードとして使えますし、現地のATMで現地通貨を引き出すことができます。

セキュリティー上の安心も人気の一つで、直接銀行口座とは繋がっていないので、万が一盗難などの被害にあっても、カードに入金した金額以上の損失は起こりません。

こちらのカードも現金引き出し等に手数料がかかってくるので、各会社にお問い合わせの上、選ばれてください。