タイ ロングステイビザ

タイのロングステイビザは、退職者向けとなっており、50歳以上の方が申請資格を有しています。

このロングステイビザの有効期限は1年間となっておりますが、一定条件を満たしていれば更新も可能です。

申請条件としまして、

月額の年金収入が65,000バーツ(約21万円)以上あること、もしくはタイの指定された銀行口座に80万バーツ(約256万円)以上の預金残高があることが条件です。またご夫婦揃っての申請の場合、倍の160万バーツが残高として必要です。

また預金残高が80万バーツに達しないかたで年金受給をされている方は、年金受給額と預金残高の合計が80万バーツになれば申請することができます。

タイの銀行口座に直接年金が振り込まれるよう、日本年金機構へ申請をしましょう。

振込に際しての振込手数料は、振込主の負担(年金機構)となりますので、日本にいらっしゃる身内に送金をしてもらうなどの手間もないのが良い点といえます。

退職者向けロングステイビザの必要申請書類
●パスポートとそのコピー2通(写真付きページ)
●タイ国大使館が発行する申請書
●写真(4×4.5センチ)4枚
●航空券(片道可)または予約確認書とコピー2通
●英文経歴書(大使館所定のもの)とコピー2通
●無犯罪研書(日本の警察が発行したも。外務省に認証を受け、封を開けずに提出)
●現地銀行の預金残高証明書、社会保険庁発行の年金証明書(英訳したものを公証人役場で認証)
●英文の健康診断書のコピー・2通国立病院か赤十字病院が発行のもの。

またタイの退職者向けロングステイビザでの就労は禁じられております。