フィリピン リタイアメントビザ

フィリピンのリタイアメントビザは年齢制限が35歳からの設定となっており、また利便性にすぐれているために外国人に人気のビザです。

まず、就労ビザの申請をすることが可能で、許可がおりれば働くこともできます。

また学生ビザがなくても就学することも可能です。

条件としましては、以下の通りです。(全種類のビザに年間手数料US$360がかかってきます)

クラシック】「取得条件」(預金額)

預入金を分譲マンション、長期リースなどに投資転用可能。
但し、追加US$500/毎年の支払義務あり。

「35〜49歳」(US$50,000)

「50歳以上」(US$20,000)

「年金受給者」(US$10,000)

スマイル

リタイアメントビザ保有期間内は、預入金・利息の引き出し不可能。

「35歳〜」(US$20,000)

ヒューマンタッチ

SRRVヒューマンタッチの同伴家族は1名のみ。

「35歳〜」(US$10,000)

Coutesy

「旧フィリピン国籍保持者・旧外交官」(US$1,500)

上記ビザを取得すると、配偶者および21歳未満の子供を2名まで、追加預託金なしで同伴することができます。またお子様の通学も自由にできます。

3名以上の同伴家族の場合は3人目から1人につき1万5千ドルの追加預金が必要となります。