ニュージーランド ワーキングホリデー

ニュージーランドは、ワーキングホリデー制度を実施しています。申請できるの

18歳以上31歳未満、過去にニュージーランドのワーキングホリデービザを

取得していない人が対象で、最大で1年間の滞在が認められています。

ニュージーランドのワーキングホリデービザは、最大6ヵ月までの就学のほか

も認められています。就労は滞在中の資金を補うための臨時的な仕事のみで、実質的にはアルバイト程度に限定されます。

ニュージーランドの場合既婚者もワーキングホリデーの取得も可能ですが、子供は同伴できません。申請は、ニュージーランド移民局のウェブサイトからオンラインで申請可能です。

必要書類はパスポート(残存期間15ヶ月以上)、クレジットカード、身分証明

書(運転免許証など)。日本国内からのビザ申請費用は無料となっています。

ニュージーランドからワーキングホリデー後に日本に帰国した後、すぐに訪問者ビザで再入国することはできません。ワーキングホリデーでの滞在期間と同じ期間を経なければニュージーランドの訪問者ビザの申請はできないです。

 

以上が概要ですが、ワーキングホリデーにおいてオーストラリア、カナダなどと共にワーキングホリデーでの滞在は人気が高いです

オーストラリア ワーキングホリデー

オーストラリアは18歳以上30歳以下の人なら、ワーキングホリデービザの取得対象となります。

オーストラリアのワーキングホリデービザでは、日本とオーストラリアの政府間協定により、異文化交流を目的とした青少年に現地での就労が認められています。

通常は1年間だが、ワーキングホリデー中に指定された区域で指定職(Specified Work)に3ヵ月以上従事することが条件で指定職はおもに農業関連の仕事となっていますが、詳細はオーストラリア政府のウェブサイトの該当ページにて御覧ください。

http://jobsearch.gov.au/harvesttrail/default.aspx )参考

上記の条件を満たせば、2年間までの延長も可能です。滞在可能期間は、最初の入国日から12ヶ月間で、その間はオーストラリアを自由に出入国ができます。

このオーストラリアのワーキングホリデーの特徴は、最大4ヵ月までの就学が認められていることと、フルタイムで働くことができます。ただし、同じ雇用主の元での就労は6ヶ月までに制限されています。

ワーキングホリデーのビザ申請は、オーストラリア大使館ウェブサイトのビザ査証課のページにあるリンクからオーストラリア移民局の該当ページに飛び、オンラインで手続きが可能です。申請費用は270AUDです。

オーストラリアにワーキングホリデーで入り、イルカの世話をしている人に出会ったり、コーヒー畑で働いている人も多いです。

カンボジア ビザ 必要

観光でのカンボジア入国の際にはビザが必要です。

カンボジアの観光ビザは、30日間の滞在許可が下ります。

観光でのカンボジア入国の際のビザ申請方法について以下にまとめます。

日本での申請

カンボジア大使館・領事館は東京大阪名古屋札幌福岡にあります。

上記大使館・領事館によってビザ申請の方法や取得までの時間などが異なってきますので、ご確認ください。

日本国内での申請時に必要な物は、
ビザ申請書1枚
証明写真1枚(35mm x 45mm)
パスポート(残存期間が6ヶ月以上必要+余白ページが2ページ以上必要)
ビザ申請料金

また、オンラインでのビザ申請もできます。

こちらのe-VISAサービスを使うと、大使館に訪問したり書類を郵送したりする必要がなくなります。
こちらのサイトへアクセス頂き、お手続きをされてください。
e-VISA申請サイト

e-VISA申請に必要な物は、
パスポートスキャン(JPEGかPNGフォーマット+入国時から6ヶ月以上の残存期間があるもの)
パスポートサイズの写真データ(JPEGかPNGフォーマット)
有効なクレジットカード(申請料がUSD20とシステム処理料がUSD5)

 

【カンボジアの空港での申請】

シェムリアップ国際空港プノンペン国際空港では、観光ビザとビジネスビザの申請・取得ができます。

申請料金は、
観光ビザ USD20
ビジネスビザ USD25

両ビザとも、発給日から30日間のカンボジア滞在が許可されます。

空港でのビザ申請・取得に必要なものは、
ビザ申請用紙(通常、機内にて配布されます。)
写真 6cm x 4 cm
申請料(米ドル現金)
パスポート(残存期間6ヶ月以上が必要)

海外移住 オーストラリア

海外移住を希望する人に昔から人気の高いオーストラリアについて特集します。

オーストラリアは広いので、シドニー、ゴールドコースト、メルボルン、ケアンズ、パースなど様々な都市で特徴がある。

日本人に人気の留学先やロングステイ、海外移住先として国別ランキングの1位に

なることが多いオーストラリア。理由としては様々あるが、老若男女なんべんなく上位になっている。気候、ビザの取得のしやすさ、ワーキングホリデー制度の充実、英語などがあげられる。

ワーキングホリデーがきっかけでそのまま海外移住をオ−ストラリアで過ごす人も多い。

オーストラリアの首都キャンベラ、大都市であるシドニー、メルボルン、東海岸で有名なブリスベンとケアンズ、西のパースと都市に在外公館が存在しています。海外移住した永住者が25%を超える増加率を記録しています。

最近はパースが人気で、企業の進出や長期滞在者が増加していて、行ってみると街もきれく広々としていて、東海岸沿いよりも英語が聞き取りやすい印象を受けた。

パースにおいては最近、長期滞在が40%、永住者が35.0%増加している。

海外移住する際には、オーストラリアの永住権を取得出来ると心配が少なくなりますが、年々世界的に移民法が厳しくなる傾向にあります。

また海外移住でヨーロッパに出ているオーストラリア人がユーロ危機により帰国しているケースも増えてきている。

将来的にオーストラリアの永住権を目指し留学していた学生も移民法の改正などで夢が叶わないケースも出て来ています。

海外移住でオーストラリアを目指す方をサポートするコンサルタントは多く存在しますので、自分にあった支援を相談してみましょう。

フィリピン ビザ 取得

フィリピンの観光ビザ(9A)を取得する。日本人(日本国籍者)は入国管理法の規定で査証免除となっており、

ノービザで入国、自動的に21日間の滞在許可がもらえる。イミグレーションで手続きをすれば59日間まで延長することができる。

フィリピンの観光ビザは日本国内のフィリピン大使館でも取得できる。フィリピンの特別退職者居住ビザ(リタイアメント・ビザ)で永住権を取得する。原則的に「35歳以上」であれば誰でも申請できる。「SRRVスマイル」で、これは現在のフィリピンペソの為替レートなら150万円程度の預託金さえあれば、ほぼ無条件でビザ取得できてしまう。

フィリピン特別退職者訪問ビザ(ロングステイ・ビザ)を取得する。PRAが指定する施設(ホテル、賃貸物件など)への滞在を前提に、1年間のみ有効なビザを発行するという制度だ。

留学するには「観光ビザ」と「SSP」(Special Study Permit)

が必要になる。SSPとは、フィリピン政府から外国人学生に対して発給される就学許可証のことで、フィリピン移民局が認定した語学学校の生徒のみ申請取得できる。フィリピンの大学および大学院の正規学位課程に留学する場合は、「学生ビザ」(9F)を取得する必要がある。申請は在日フィリピン大使館でできるほか、ノービザや観光ビザで入国後に現地で学生ビザに変更することも可能。

フィリピン労働ビザ(9G)を取得して働きながらロングステイ。

労働ビザの発給は雇用先がアレンジしてくれる場合が多い。もし自分で申請するなら、まずはフィリピン労働省で外国人雇用許可証(AEP)を取得する必要がある。その後、移民局にて労働ビザの申請取得する。

フィリピン ビザ 申請

フィリピンのビザにはさまざまな種類があるが一般的な申請方法を紹介します。

日本人(日本国籍者)は入国管理法の規定で査証免除となっており、

ノービザで入国、自動的に21日間の滞在許可がもらえる。つまり、3週間以内の滞在ならば、ビザの事前申請は必要ないが帰国便のチケットとパスポートの有効期限が6ヵ月間以上あることが必要。

観光ビザ(9A)で滞在する方法としてフィリピンでは入国後、イミグレーションで申請手続きをすれば59日間までビザを延長することができる。この59日間有効のビザが、観光ビザに該当する。

フィリピンではこの観光ビザが最長2年まで延長申請できる。

申請に必要なのはパスポートと現金のみで、初回は1人につき3000ペソ前後で延長できる。その後は、有効期限内に1ヵ月毎に延長が可能で、最長で2年まで延長することができる。

観光ビザは日本国内のフィリピン大使館でも申請取得できる。ただ、

申請にはパスポートや往復航空券のほか、残高証明書などさまざまな書類が必要になる。

フィリピンのリタイアメント・ビザ、正確には「特別居住退職者ビ

ザ」(SRRV=Special Resident Retiree Visa)は、原則的に「35歳以上」であれば誰でも申請できる。

SRRVビザの申請は、フィリピン・マニラ市内にあるPRAに直接行う。PRAの日本語ウェブサイトからオンライン申請し、入国後に必要書類をPRAに提出するのが最も簡単。

フィリピンの特別退職者訪問ビザを申請しで滞在するといった場合には、特別退職者訪問ビザ(SRVV=Special RetireeVisitors Visa)を取得する方法がある。これは前述のPRAが指定する施設への滞在を前提に、1年間のみ有効なビザを発行するという制度。

留学するには「観光ビザ」と「SSP」(Special Study Permit)

が必要になる。SSPとは、フィリピン政府から外国人学生に対して発給される就学許可証のことで、フィリピン移民局が認定した語学学校の生徒のみ申請できる。

フィリピン ビザ

フィリピンの主なビザの種類についてまとめます。

観光ビザ
観光目的で、滞在期間が21日以内の場合、事前のビザ申請・取得は必要ありません。

ノービザで入国することができ(但し、21日以内に国外へ出る航空券の保持が条件)、入国審査にてスタンプを押されます。

また21日以上滞在したい場合には、最長59日間滞在が可能な観光ビザを日本のフィリピン大使館にて申請・取得してから渡航してください。

◇雇用ビザ(Pre-Arranged Employee Visa)◇
他国同様、雇用先が決まり、入っていの条件をクリアした際に発給される雇用ビザ。

フィリピンでの勤め先が決定し、雇用主が労働雇用省から外国人雇用許可証を申請・取得した後に、移民局への雇用ビザの申請を行います。

また日本のフィリピン大使館では雇用ビザの受付ができないため、まずは最長59日間滞在可能なビジネスビザを日本にて申請・取得し、フィリピンへ入国します。

その後雇用主とともに、移民局への雇用ビザの申請を行います。(雇用ビザ取得まで平均1〜2ヶ月かかる)

雇用ビザの有効期限は、雇用契約にもよりますが、通常2〜3年で、その後必要であれば延長が可能です。

◇SRRVビザ◇
このビザは、SRRVと呼ばれる、リタイアメント用の特別永住権制度です。

フィリピンの退職庁(PRA)が運営する制度・永住権です。

リタイアメントとはありますが、35歳から申請可能となっています。

申請条件は以下の通りです。

【35〜50歳未満】
PRA指定銀行に口座を開き、5万ドルの定期預金をすること。(6ヶ月

ビザ発給日から30日をすぎれば、預金を賃貸住居の長期契約(20年以上)や、住宅建設に使用することが可能です。

【50歳以上】
PRA指定銀行に口座を開き、2万ドルの定期預金をすること。(6ヶ月
年金受給者に関しては、1万ドルの預金が必要。

マレーシア 不動産

マレーシアでは農地を除き、外国人による自由な不動産所有が認められている。購入の際はビザの種類も問われず、所有する戸数に制限もないが、土地付きの一戸建てでもコンドミニアムでも関係なく50万RM(約1212万円)以上の物件であることと物件を管轄する州政府の合意があることという条件がある。

50万RM以上の物件は、マレーシアではかなりの高級不動産といえる。

マレーシア全土の住宅不動産価格の上昇率は平均6.7%と好調に推移していること、不動産取得税や固定資産税がいこと、物件を5年以上所有していた場合は売却時のキャピタルゲインが非課税になること等も考慮すると、マレーシアの不動産が人気があるのも納得出来る。マレーシアの銀行では、不動産を担保にすれば外国人でも住宅ローンを利用することができるという。条件により購入価格の最大85%までという制限はあるが、円安が始まった今、購入ニーズはピークを更新している。マレーシアのジョホールバルの不動産の話しをあちらこちらで聞く様になりました。1年で20%の上昇、売り切れ、新しく学校やレゴランドが出来たり活況である。

またマレーシアの首都クアラルンプールの不動産も依然として人気が高い。こちらは実際に居住する人も含め良い不動産が多いとの事。

ジョホールバルでは、シンガポールが通勤圏となる為、マレーシアから国境を越えて仕事に通う人も多く聞く。

マレーシアの不動産を取り扱う業者も増えていますし、視察ツアーも頻繁に行われているという。

シンガポールに比べて1/6〜くらいの価格帯で購入出来るとなると、今まだ円高の内に購入を検討する人が多いのでしょう。

また頻繁にマレーシアの不動産特集をしたいと思います。

フィリピン 移住 仕事

フィリピンに移住して労働ビザ(9G)を取得して仕事をする。

働きながら暮らすのは理想的な移住。ただし、フィリピンで就労するためには、基本的に中級以上の英語力が必須。当然ながら自国の雇用が優先となるので、外国人が就労できる職種には一定の制限がある。

フィリピンでの日本人の求人として多いのは、日系企業の技術職、営業職、事務職のほか、日本料理店スタッフ、移住サポート、ツアーガイド、日本語教師など、日本人でなければできない仕事に集約されている。月の給与も現地人の大卒並み3万ペソから日本の平均水準30万円前後まで幅がある。

通常、労働ビザの発給は雇用先がアレンジしてくれる場合が多い。もし自分で申請するなら、まずはフィリピン労働省で外国人雇用許可証(AEP)を取得する必要がある。その後、移民局にて労働ビザの申請するのだが、その際には「会社からの招聘状」「労働契約書」「雇用先の定款」などさまざまな書類が必要になる。

 フィリピンでの移住しての仕事探しは、日系の就職あっせん会社や人材派遣会社に登録。フィリピンの求人はマニラ近郊のものが圧倒的に多い。

本気でフィリピンでの仕事を探すなら、現地に留学して英語力を磨き就職活動も並行して移住を目指すなどの努力も必要だろう。

フィリピンでは、2003年より外資100%による会社設立が認められるようになった。ただし、参入できる業種などに細かい規制がある。外資制限はフィリピンも例外ではなく、外国人が自由にビジネスできる環境ではない。

株式会社を設立する場合、5人以上の株主(兼・発起人)が必要に

なるが、半数以上はフィリピンの居住者でなければならず、またその際の出資比率についても業種ごとに細かい規定がある。

株主5人で会社を興すならば、そのうち3人以上はフィリピン人である必要がある。

大規模な投資ができない個人や中小企業は、事実上、独力で起業することはほぼ不可能なのでフィリピンで移住し会社を興し仕事をするのは簡単ではない。

起業にはまず信頼できるフィリピン人のパートナーを見つけることが不可欠になる。経営の決定権が自分にないというリスクは常につきまとう。やはり不測の事態に備え、日本人株主とフィリピン人株主の株式の額面を変えるなど、会社を守るための対策は必要だ。会社設立の申請は、証券取引委員会(Securities and Exchange Commission=SEC)で行う。その際は、基本定款、貸借対照表、株式払込証明書のほか、さまざまな書類が必要になる。SECから登録証書を発行されたら、事業所の管轄の自治体に事業許可申請、税務署への納税者登録などを行う。

設立申請は通常、現地の公認会計事務所に代行を依頼することが多い。費用は会社の規模によって異なるが、おおむね数万ペソで代行してもらえるという。日本国内にもフィリピンの会社設立代行サービスを行っているコンサル会社やエージェントも多数あるので移住して仕事をする相談に乗ってくれる。

フィリピンで起業して仕事するなら、信頼できる誠実な公認会計士

書類の内容を理解できる英語力、現地の法律や雇用に関する規定に関する知識をある程度身に付けて移住する必要がある。

 

シンガポール 移住 条件

シンガポール移住する条件を簡単にまとめました。

シンガポールは総人口の35%が他国から移民してきた移住者で世界で10番目にランクされています。移住の条件としてビザの問題がありますが、最近は永住権(PR)の取得が難しくなる傾向があります。

永住権取得のメリットは、仕事をしていなくてもシンガポールに滞在、会社から中央積立金(CPF)が支払われる、公営住宅の中古を購入することができるなどがあります。シンガポールでPRを取得して移住する条件は

シンガポール人の家族を作る、専門職や熟練の職人として数年仕事をする、起業家として数年税金を納めるなど様々あります。

その他にもEP(エンプロイメントパス) Spass(Sパス)DP(ディペンデントパス)があります。EPは3種類あり、P1、P2は4大卒以上で且つ企業経営者、上級・中間管理職、専門職など。Q1は4大卒以上で専門的スキル保持者。

SpassはEPに分類されない方で一般的には専門・短大卒の方で、特定の技術・技能、専門知識があり、職歴が長く専門職の方が対象。

更にシンガポールに移住している家族が仕事する場合はDP(ディペンデントパス)があります。EPかSパスを取得した外国人の扶養家族としてシンガポールで長期滞在する際に取得するなど方法はあります。

決してシンガポールに移住する条件のハードルは低くありませんが、何故選ばれるのでしょうか。

税金面での優遇と生活のしやすさが考えられます。

所得税が安く最高で20%、資産運用益に対しての課税なし
海外の株式、海外のファンド、値上がり益などのキャピタル・ゲイン所得や預金等の利子収入などのインカムゲイン所得に対しても全く税金かからない、相続税、贈与税がない。などがシンガポールに移住する事によって条件によりますが得られるメリットです。

行政に関しても不正が少ない法治国家であるため、他のアジア諸国と比べて日本の企業とビジネスマンが活動し易い下地が整っていると言えます。

親日国家であり日系企業、デパート、食材が揃う、治安が良い、東南アジアのハブとなっているなど生活面でも過ごしやすいです。

次回の特集では更にシンガポールに移住する為の最新の条件のレポートをしたいと思います。