フィリピン 入国 ビザ

フィリピンに入国する際、日本国籍保持者は、ビザなしでの入国が可能で、その滞在期間は21日以内です。観光ビザとして、入国審査の際にパスポートにスタンプが押されます。

21日以上の滞在を希望される方は、最長59日間有効な観光ビザを、日本国内にて申請・取得してフィリピンへ入国します。
ビザの申請先はフィリピン大使館の領事部で行います。

また、ビザなし入国での滞在時に気をつけなければいけないのは、入国時に、フィリピン出国用の航空券を所持していること、です。

さらに「オープンチケット」と呼ばれる、搭乗区間のみ指定し、フライト(日付など)を予約をしないで購入する航空券でも入国は認められないとのことです。

復路の航空券なし、またはオープンチケットでフィリピンへ観光などで行き、入国審査時に「入国拒否」を受けてしまった方もいるのでご注意を。

ただ、オープンチケットの場合、入国拒否をされた後に入国審査官同伴で、そのまま航空会社のチケットカウンターへ行き、復路チケットを購入すれば入国を許可してくれる場合もあるそうです。

フィリピンで21日間、ビザ無しでの滞在ができるため、移住を視野にいれた視察に行かれる方もいらっしゃいますが、こちらの点を十分ご注意ください。

マレーシア 移住 ビザ

学生ビザで大学、語学学校へ留学する
マレーシアの移住を考えてまず語学留学する場合、留学先の学校が政府の認定する教育機関であれば、基本的に学生ビザ(Student Pass)の申請が可能だ。
まずマレーシアへの移住に際してビザの申請に必要な書類を学校側に確認し、すべての書類をそろえて学校のイミグレーション担当者へ送付する。学校側がマレーシア政府移民局へ学生ビザを申請、移民局からの承認が下りれば学校から本人へ「入学許可証」
が発行される。
働きながらのマレーシアへの移住は、長く安定して現地に暮らすには定期的に収入が入るので決められた予算内で滞在費をやりく
りする必要がないし、何より就労ビザをゲットできればビザの心配をすることなく移住が可能になるからだ。
給与水準は、企業ごとにかなり幅があると言われるが、おおむね営業職で4000RM(約9万7600円)、事務職で3000RM(約7万3200円)?、エンジニアなどの専門職で5000RM(約12万2000円)~といった感じなのでマレーシアでビザを取得して、長く移住出来る計画を立てましょう。
マレーシア・マイ・セカンドホーム(MM2H)ビザで移住という方法
これは10年間有効な長期滞在ビザで、正確には自由な出入国が許されたソーシャル・ビジット・パスのこと。10年という期限があるものの、更新が可能なので、実質的にはほぼ永住に近い形での滞在ができるというメリットがある。
また、配偶者や21歳以下の未婚の子供、60歳以上の介護が必要な両親などを同行することができるので、一家でマレーシアに移住したい場合などは非常に良いビザといえる。

マレーシア ロングステイ

穏やかな気候と安定した政治・経済に恵まれたマレーシアは。定年
を迎えた団塊世代たちの移住先として注目を集めており、さまざまなメディアで「ロングステイに最適な国」として紹介される機会も増えている。
マレーシアはマレー半島の南部とボルネオ島から成り、首都クアラルンプールはマレー半島の中心部に位置している。人口は約180万人、整備された交通インフラや高層ビル群、そしてひときわ目を引くツインタワーがそびえる近代的な国際都市だ。東京との時差はマイナス1時間で、アクセスは飛行機でおよそ7時間。現在、マレーシア航空、日本航空、全日空、エア・アジアXが直行便を運航している。
マレーシアのクアラルンプールでのロングステイのメリット
首都クアラルンプールの平均気温は27℃前後。一年を通して暖かい。雨季と乾季には明確な差がなく、雨量は年間を通じて大変多い。
常夏とはいえ朝晩は涼しいので、猛暑の日本より過ごしやすいという人も多い。こうした温暖な気候を求めて、冬の間だけ避寒のためにマレーシアで過ごすロングステイヤーは少なくないという。
家賃に関しては、ロングステイに適している。マレーシアのクアラルンプールの都心の外国人向けコンドミニアム(3LDK、100m2前後)で1年間の長期契約なら2000RM(約4万9200円)ぐらいから探すことができる。セキュリティなどは劣るが、ローカル向けの物件や中心部から少し離れたエリアの物件なら、1000RM(約2万4600円)ぐらいから見つけることもできる。
さらに日本人ロングステイヤーにとって大きなメリットは、親日的で日系スーパーなどが充実しているし、マレーシアは、東南アジアの中でも屈指の愛日国家。
医療レベルについては、欧米で学んだ医師が多いため総合病院であれば心配のない高水準が期待でき、ほとんどの場合、英語が通じる。また現地の病院には、マレーシアでの日本人駐在員やロングステイヤーの増加を受けて、日本人の看護士や通訳を常駐しているところも多い。
外国人の不動産購入に対する規制が少ないという点について。
マレーシアでは国を挙げて外国人の不動産所有を推進しており、条件付きながら、外国人のロングステイ用にも土地の所有を認めている。これは外国人の土地所有を原則的に認めない他の東南アジア諸国と比べて、非常に珍しい方針といえるだろう。も
ちろん購入できるのは50万RM(約1230万円)以上の物件のみ、という制約はあるが、本格的にマレーシアにロングステイしようと考えている人にとって自分名義の土地が取得できるという点は、とても魅力的な要素といえる。
マレーシアでのロングステイを可能にするビザの種類も別に特集します

ロングステイ フィリピン

ロングステイに向いているフィリピンのセブ島の理由
ロングステイに大事な飛行機はフィリピンへは日本航空、全日空などの便が就航しており、直行便はフィリピン航空が1日1便、週5日で往復している。他の都市からはマニラで国内線に乗り換えるが、マニラーセブ島間は国内便がひんぱんに運行しているので(最大1日18便)、心配はいらない。その他、シンガポール航空や大韓航空で韓国や香港を経由する便があり、こちらの方が渡航費は安く済
む。チケット代は、時期によるが往復で4万円台から入手することができる。
またロングステイには気候も重要な要素となるがフィリピンは熱帯雨林気候に属しているため、基本的に高温多湿だが、セブ島は雨季と乾季の明確な差がなく、雨量は比較的少ない。平均気温は30℃前後。
次は、一番重要な公用語だが英語についてフィリピンでは、首都マニラの地域言語であるタガログ語(フィリピン語)、そして英語が公用語とされている。よってロングステイしてフィリピンで語学を身につける人も多い。
セブ島はフィリピンを代表する都市として交通などの都市インフラが整っているセブ・シティでは外資の進出が盛んで、IT、ソフトウェア産業の成長も目立っている。ロングステイしてフィリピンでITエンジニアの仕事に就く人も多い。
経済特区が設けられ、エリア内では外資による直接投資が認
められているほか、税金面などでさまざまな優遇措置が受けられるため、日本からも多くの企業が進出している。
おおまかではありますが、ロングステイに人気のフィリピン、セブ島の特徴を挙げてみました。

オーストラリア 移住 条件

オーストラリアが移住しやすい条件が揃っている場所として選ばれる訳としては、温暖で過ごしやすい気候、時差が少ない、英語が通じるなどです。
オーストラリアに移住する際、考慮する条件となる1つが物価の高さです。
コンビニで500mlのコーラが3AUD、卵1ダースが5AUD、カフェやレストランでランチをすれば10AUD。
一般的な日本人がオーストラリアで移住する為起業する場合、まず最初に永住権を取得してから起業するというのが最も条件的に容易な方法ということになる。
永住権はそう簡単にもらえるものではない。オーストラリアの永住
ビザには、ビジネススキルビザ、技術独立永住ビザ、雇用主指名ビザ、配偶者ビザなどがある。ただし、雇用主指名ビ
ザは前提としてオーストラリア企業に就職していなければ取ることはできず、配偶者ビザはオーストラリア人の配偶者を持つ外国人の移住ための永住ビザのため取得条件は難しい。
オーストラリアでは45歳未満で優れた技術・英語力を有する健康な外国人移住希望者
が対象で、申請者の年齢や英語力、技術力に応じてポイントを加算していくポイントテストという審査で合格点に達すれば取得できる。
このカテゴリーのビザにはいくつかの種類があるが、代表的なものは技術独立ビザだ。取得には、自分の職種がオーストラリア政府の定める技能職業リスト(http://www.immi.gov.au/skilled/sol/ )に載っていること、過去2年のうち1年以上その仕事での職務経験があること、またはオーストラリアに2年以上留学して定められたコースを修了してから6ヶ月以内であると、そしてIELTS全セクション6.0以上の英語力を持っていることなどが移住に際して基本条件となる。オーストラリアで移住に際して物件を借りる場合、最低6ヵ月から1年以上の契約が基本的な条件になる。

シンガポール 移住 仕事

シンガポールに移住して仕事をする場合のいくつかを紹介します。

起業して労働ビザを取得して移住するには、会社を設立し自分に対しての経営者ビザの申請をする事になります。その後、数年経過したらシンガポールの永住権を取得して移住しながら仕事を続けていく方法。

シンガポールで法人設立を行い、その取締役として就労ビザを取得して、滞在実績から永住権を申請する方法です。この方法がもっとも一般的ですが、シンガ ポールの移民政策の方針により、認可の条件は流動的です。最近では、シンガポールでの給与実績がある程度高い日本人でも認可が下りなくなっています。しか し、この認可基準はそのときの情勢により流動的なので、今後シンガポール政府の考え方や仕事の内容で取得移住しやすくなる可能性は十分にあると思います。また、法人を設立してその事業を継続している 限り、ある程度の税金を払い続ける必要はございますが、就労ビザの更新に問題はないので必ず永住権が必要ではないといえます。

シンガポールに移住し仕事をしていく上で就職という方法ももちろんあります。

ビザで分けるとEP(エンプロイメントパス) Spass(Sパス)DP(ディペンデントパス)があります。EPは3種類あり、P1、P2は4大卒以上で且つ企業経営者、上級・中間管理職、専門職など。Q1は4大卒以上で専門的スキル保持者。

SpassはEPに分類されない方で一般的には専門・短大卒の方で、特定の技術・技能、専門知識があり、職歴が長く専門職の方が対象。

更にシンガポールに移住している家族が仕事する場合はDP(ディペンデントパス)があります。EPかSパスを取得した外国人の扶養家族としてシンガポールで長期滞在する際に取得するビザ。DPを保持している方が就労するには、雇用主よりMinistry 0f Manpower(MOM)にLetter of Consent と呼ばれる就労申請をする必要があります。以上シンガポール移住して仕事をする方法をいくつか紹介しました。

マレーシア 移住 仕事

日本人に人気No1の移住国マレーシア。
マレーシアへ仕事をしながらの移住をしたいという方もいらっしゃいます。
マレーシア移住で最も多いケースが、MM2Hプログラムを使っての長期滞在です。
詳しくは、「マレーシア 移住 条件」のページを御覧ください。
こちらのMM2Hビザでの移住の際、就労に関しては規制があり、50歳以上の方が、専門職に限り、週20時間を超えない範囲で仕事に就くことが可能で す。
またその他の方法では、日本企業の駐在員としてマレーシアへ移住の方法がありますが、それは狭き門といえるでしょう。
そこで最も一般的な仕事をしながらのマレーシア移住は、マレーシアでの現地採用です。
マレーシアへは、日本国籍者はビザ無しで90日間滞在することができます。
その90日の滞在期間中に現地の日系・またはローカル企業への採用試験を経て、無事に採用されれば、現地の雇用先がスポンサーとなり、就労ビザの申請を行なってくれます。
また社会人経験のある方は特に有利なのは、インターネットで日本からもマレーシア企業への就職活動ができるということです。
マレー人は良い意味でマイペースなのですが、時間や納期を守る意識が日本人より薄いため、日本人の勤勉さはとても重宝されます。さらに社会人としての仕事の経験があることで即戦力となるので、現地の企業に採用してもらえる確立は高いと言えます。
ただし、駐在員と現地採用の日本人には大きな差があり、時には駐在員の人になんだか見下された対応をされた、という現地採用の日本人の声も聞きます。
駐在員は家も車も用意され、また海外赴任手当も貰っている方もいます。
現地採用であっても、社会人経験、語学力や日本人としてのアドバンテージを活かせる仕事を探し、そしてそれに見合ったお給料を支給できる雇用先を見極めることも大切です。マレーシアで仕事を見つけて移住したかったから、内定を一番最初にくれた企業に就職した、なんて焦った結果、まったくスキルを活かせない仕事を任されている…なんてこともあります。
まずは現地の信頼できる人材派遣・紹介企業への登録をし、ご自身が納得できるお仕事を探されてみてはいかがでしょうか。

フィリピン ビザ

フィリピンのビザにはさまざまな種類があるが、一般的な日本人が利用できるものを中心に紹介していこう。
日本人は入国管理法の規定で査証免除となっており、フィリピンへはノービザで入国、自動的に21日間の滞在許可がもらえる。つまり、3週間以内の滞在ならば、ビザの事前取得は必要ない。ただし帰国便のチケットとパスポートの有効期限が6ヵ月間以上あることが条件になる。
観光ビザ(9A)で滞在するノービザの滞在期限が3週間と言われるとずいぶん短いような気がするが、フィリピンでは入国後、イミグレーションで手続きをすれば59日間まで延長することができる。この59日間有効のビザが、観光ビザに該当する。
フィリピンではこの観光ビザが最長2年まで延長できるという。
リタイアメント・ビザ制度を実施している国は数多いが、その対象者はほとんどのケースで年金生活者(おおむね50歳以上)となっている。ところがフィリピンのリタイアメント・ビザ、正確には「特別居住退職者ビザ」(SRRV=Special Resident Retiree Visa)は、原則的に「35歳以上」であれば誰でも申請できる。
フィリピンのSRRVすべてのプログラムに共通するメリットは、ビザの更新が不要で、滞在期間や出入国に制限がなく、自由に日本と行き来できること。そして就学や就労ができること。身の回りの品を7000ドル(約53万7600円)相当分まで無税で輸入できることが挙げられる。ほぼフィリピン国民と同じような権利がもらえるのは、ロングステイヤーにとって最大のメリットだ。
SRRVスマイルで、これは現在の為替レートなら150万円程度の預託金さえあれば、ほぼ無条件で取得できてしまう。
フィリピンで特別退職者訪問ビザ(ロングステイ・ビザ)は、
150万円もの預託金を用意できない、いきなりSRRVを取得することに躊躇があるといった場合には、特別退職者訪問ビザ(SRVV=Special RetireeVisitors Visa)を取得する方法がある。フィリピンのPRAが指定する施設(ホテル、賃貸物件など)への滞在を前提に、1年間のみ有効なビザを発行するという制度だ。

オーストラリア ビザ 代行

オーストラリアのビザに関しては取得を代行しているエージェントが多数あります。
オーストラリアに滞在日数が3ヵ月未満の場合は渡航目的が観光や知人訪問、商用であれば、ETAS(イータス)と呼ばれる電子ビザを利用することができる。これはオーストラリアの政府移民局にコン
ピューター上で登録を行い、入国許可を得るシステムで、搭乗手続きや出入国の際もすべてこの登録をもとに行われる。
取得の際は、パスポートの残存期間が3ヵ月以上あること、他のオーストラリアのビザを取得していないことなどが条件となる。
登録方法は、ビザエージェントや航空会社などに代行してもらうこともできるが(手数料は1000ー3000円前後)、自分で豪州政府電子入国許可システムHPにアクセスし、オンライン登録することもできる。就労目的を除く3ヶ月以上の滞在の場合は、ETASではなく、長期ビジタービザ(e676)を取得することになる。このビザには、滞在期間ごとに3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の3タイプがある。基本的には、ビザの有効期限内であれば何度でも出入国ができるマルチプルビザとなっている。また、このビザによる就労と3ヵ月以上の就学は禁止されている。ビザの申請は、オーストラリア移民局のオンラインシステム(英語のみ)を利用することができる。語学力に自信がなく、独力で取得するのが難しい場合は、旅行代理店やビザエ
ージェントなどに申請代行を依頼しよう。ただし、ビザ申請費用110AUD(約9680円)に加えて6000ー8000円程度の手数料がかかる。
18歳以上30歳以下の人なら、ワーキングホリデービザ。取得するためには、日本国籍者であること、過去に同国でワーキングホ
リデービザを取得していないこと、申請時に18歳以上31歳未満であること、滞在中の十分な資金(おおむね50万円程度)を証明できること、扶養家族を同行しないことなどの条件がある。
申請は、オーストラリア大使館ウェブサイトのビザ査証課のページにあるリンクからオーストラリア移民局の該当ページに飛び、オンラインで手続きが可能だ。申請費用は270AUD(約2万3760円)。ただし手続きはすべて英文のため、自信がない人はエージェントに代行を依頼するといいだろう(その際、手数料はおおむね8000ー1万円前後かかる)。
長期滞在するには、留学という手段も有効な方法だ。オーストラリアで学ぶ場合、一般の大学・大学院からカレッジ(TAFE)、私立の語学学校、大学付属の英語コース、中高生向けの英語コースなど、さまざまな選択肢がある。ただし、オーストラリアの学生ビザを取得するには、フルタイムのコースに在籍していることが条件になる(パートタイムや通信は不可)。また、自分が通う学校および受講するコースはCRICOS(政府認定校)でなければならない。
そのため、通いたい学校が決まったら、まずはオーストラリアの学校に問い合わせてこの認定を受けているかどうか確認する必要がある。その後で学生ビザの代行エージェントに相談しよう。

以上がおおまかなオーストラリアのビザの種類、代行エージェントの料金相場となります。

マレーシア 移住

マレーシア・マイ・セカンドホーム(MM2H)ビザで移住。
これは10年間有効な長期滞在ビザで、正確には自由な出入国が許されたソーシャル・ビジット・パスのこと。10年という期限があるものの、更新が可能なので、マレーシアに長期移住、実質的にはほぼ永住に近い形での滞在ができるというメリットがある。
また、配偶者や21歳以下の未婚の子供、60歳以上の介護が必要な両親などを同行することができるので、一家でマレーシアに移住したい場合などは非常に“使える”ビザといえる。
このビザを取得するにはかなりの資金力が必要となる。その理由は、申請の際の条件にある。このビザの申請条件は「50歳以上」と「50歳未満」で異なる。
申請者が50歳未満の場合、最低50万RM以上の金融資産を保有していること。
月の収入が1万RM以上あること。
以上二つをクリアしていることが条件となる。また、申請の際には10年間の職歴、ビザの志望理由書、無犯罪証明書などの書類も求められる。さらに、ビザ申請後に移民局から仮の承認が下りた際には、マレーシアの銀行に口座を開設して30万RMの定期預金する必要もある。働かなくても暮らせるだけの資金力があるお金持ちをマレーシアに移住してもらい、国内の経済に貢献してもらうことがこのビザの目的なのだ。
会社を興して自分自身に就労ビザを発行してマレーシアに移住するという方法もある。
最低資本金2RM、およびマレーシア国内に住所がある発起人2名を用意し、会社名の許可申請をマレーシア企業委員会(CCM)に行う。会社名が認可されたら、必要書類をそろえて3ヵ月以内にCCMへ設立登記する。これでマレーシアへ移住する足がかりは出来ます。